教育理念

すべての物事において、“基礎”の上に“応用”が成り立ちます。

FIS幼少部では“人間性の基礎”を育みます。
小学部では、今後子供たちが社会で活躍していく際に必要となる“基礎力”及び“応用力”を育み、
子供たちが本来持っている力を最大限引き出していく“環境”を提供します。

“基礎力”・“応用力”とは、社会を生き抜く上で、“自己実現”のための“必要な力”を指します。

Mission Statement

子供たちは自己実現のための必要な“Elements(要素)”を育みます。
この“Elements(要素)”は、FISの学びの評価軸でもあります。子どもたちは学びの中でこれらの “Elements(要素)”を深めていきます。

ElementsDetail
安心感と信頼関係
Safety and Trust
〜すべては”安心感“と”信頼関係“から始まる〜
自分自身への理解、体への理解、自己管理、自分と家族の関係性・周囲との関係性などを育みます。
考える力 / 行動する力
Input / Output
〜自ら考え、選択・決断し、行動する力〜
物事の意味合い、考える力、決断する力、創造性、柔軟性、適応性、自己表現などの力を育みます。
感情性・社会性
Emotional • Sociality
〜人は感情の生き物であり、私達は社会の中に生きている〜

感情整理、感情表現、コミュニケーション、人間関係、チームワーク、実社会への適応、活動フィールドの理解と活用なども含みます。
自由・責任・尊重
Freedom • Responsibility • Respect
〜『自分自身』の尊重と『他者』への尊重、
  『”真の“自由』の獲得と、それに伴う『責任』〜

自己承認、他己承認、セルフリーダーシップ、リーダーシップ、目標設定、目標達成、ダイバーシティなどが含まれます。
専門性
Specialty
〜好奇心あるものへの探求〜
Theme Activityによる探究とその先へ…

Vision

FISの“子供と関わる大人”は、以下のVisionを掲げています。

  • 子供たちの“存在”を100%承認し、子供たちが本来持つ可能性を広げていきます
  • 子供たちの“本来持っている力”を100%確信し、その力を最大限に引き出していきます
  • 常に学ぶ姿勢を持ち、自身を磨き、高めていきます
  • 家族の子供たちへの関わりをプロフェッショナルサポートします